スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

読み物 食べ物にまつわる本たち(後編)




この秋に読みたい本
「赤い薔薇ソースの伝説」

実は、数年前にお友達に勧められて購入したものの
まだ1ページも読んでいない未読本です。
決して読む気にならないような本なのでは無く、
パラっと見た感じだけでも、
とても雰囲気があって女性が好きそうな本です。

本によってそれぞれ、読みたくなる時期や
シチュエーションがありませんか?
空気の匂い、色や、温度、湿度。
この、赤い薔薇ソースの伝説は
今年の秋になってようやく、
私にとっての最良の「時期」が来たようです。


メキシコのベストセラー、
映画化もされているらしい、こちらの本。

**********

台所で生み落とされ、
台所の匂いに包まれて成長した美しい娘ティタ。
台所は彼女の聖域。
伝統の鎖から解放される唯一の場所だった…。
革命の嵐が吹き荒れるメキシコの農場を舞台に、
不思議な力に守られながら、
禁じられた愛に身を焦がす女の数奇な運命を描く。

※表紙カバーより転載
**********

「レシピの恋と 日々の手段の 十二の月の物語」
曰く一月から十二月までの各章に一つずつ、
レシピがあるのですが、
レシピもお話になっていると言いますか
お話でもあり、お料理の本でもあるのです。


沈みかけの夕日に背を向けて古びたスツールに座り、
台所でひっそりと読みたい、そんな本。





上記の本が思いの他、長い記事になってしまった。。
続いては本は本でも漫画もちらりと。

・深夜食堂
・コーヒーもう一杯

どちらもちょっと男っぽい漫画かも。

深夜食堂は一時期ドラマ化されていました。
原作の哀愁あるノスタルジックな雰囲気が
生かされていて好きでしたが、
結構短期間で終わってしまいましたが。
鈴木常吉さんの歌がまた相まって、
(CDも買ってしまった)
ついつい豚汁が食べたくなってしまいます。
現在も連載中のこちらの漫画は
お洒落なお料理など決して出てきません。
タコさんウィンナーとか、猫まんま、
きのうのカレー等々、そういった昭和な
昔懐かしいものばかりなのですが、
一つ一つの短いお話にそれぞれの登場人物と
その食べ物との深い縁や歴史が情緒溢れています。

コーヒーもう一杯は、
昔ながらの喫茶店、普段の珈琲
レトロ、ノスタルジー・・・
そんな単語に反応してしまう方にお勧めの漫画。
山川さんの、まるで版画の様な独特な
絵のタッチとセンチメンタルなお話がつぼで
丁寧に入れた珈琲を飲みたくなる。。。
そんな短編集です。





古本屋さんで見つけた、
随分と昔の本、「四季の漬け物と保存食」
こんなに種類があったとはっ!!と驚きを隠せない。
お婆ちゃんの知恵袋的な漬け物&保存食レシピです。
PCモニターによっては下の目次は見難いですね。。
すみません。。





個人的には、この秋
ぎんなんの粕漬けと山椒塩の即席漬け
が気になります、できるかな。。





お次はちょっと異色のものでも。
好みが非常に分かれる本2冊。

・地球の上に生きる
・アメリカ・インディアンの
 心もからだもきれいになる教え

世の中に氾濫しているロハスだの、エコだのの
言葉の使われ方はあんまり好きではないのですが。

地球の上に生きる、こちらは
電気もガスも、水道もお金もいらない
リアルに地に足の着いた、地球と共に生きたい
という方には、これ一冊あれば充分な本です。
ファッションのヒッピーではなく、
その道の方にはバイブル的な本です。
水の蒸留方法から釜、テント
果ては家畜、農作業、楽器や生地、靴の作り方。
お肉に至っては獲って血抜きの方法から書かれています。

一見、普通の生活を送る中では
実践出来る事が少なく見える?本ですが
自然食の豆腐や、自家製イースト菌の作り方
様々な種類の蝋燭、石鹸、染色など
興味深いことが多々。
食べ物にまつわる、では無いのですが
食も含めた生き方全般の本。

将来的にこの本の二分の一、
いえ、三分の一だけでも是非実践したい。


アメリカ・インディアンの~はネイティブアメリカンの
メディスンマンに教わる自然療法のレシピ集。
食べ物、飲み物のレシピに加え
悩み、症状別の薬草の使い方やマッサージ、
心身の清め方まで、タイトルの通り
心も共に、からだも浄化したい方にはお勧めの本。





最後におまけ、世界食材事典。
こういった見ているだけでも楽しい本好きです。
その名の通り、世界の様々な食材が鮮明なイラストで
紹介、お料理方法など載っております。


思いのほか、随分と長い記事になってしまいました。
大した事書けませんでしたが、
こんな記事、最後までお読みいただきまして感謝です。


読み物たち。。
憧れのあの方はどんな本を読んでいるのだろう、
素晴らしい作品たちを生む作家さまは
一体どんなお話や、音や、ものを見て聴いて
インスピレーションを貰っているのだろう…
心に残る本とは。。
あぁ、、またAmazonを彷徨いそう。





にほんブログ村 ハンドメイドブログ (人形)・ぬいぐるみへ にほんブログ村 コレクションブログ ドールへ にほんブログ村 雑貨ブログ アンティーク・レトロ雑貨へ
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

sidetitle プロフィール

おとぎぬし

Author:おとぎぬし

お人形、ぬいぐるみ好きです。
泣き顔、怒り顔、はにかみ顔好きです。
あんまり整った美しいお顔は
眩しすぎて・・・見れません。

手作りのもの、古いもの、
おとぎや不思議の香りあるもの
そんなものたちに囲まれて
森暮らししたいわたくしです。

sidetitle 最新記事
sidetitle カテゴリ
sidetitle 月別アーカイブ
sidetitle リンク
sidetitle 最新コメント
sidetitle メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。